オナクラで盗撮した際の処罰について

オナクラで盗撮したらどうなる

「国民総カメラマン」と言われるほど、スマホなどの普及により、カメラは身近で便利になりました。「せっかくだから記念に撮っておこう」なんて軽い気持ちで、オナクラのプレイ中に動画撮影!あとで見返して幸せな気持ちに…ハッキリ言ってその気持ちは痛いほどわかります!(笑)しかし、風俗店で盗撮は「本番強要」の次に多いトラブルであり、一歩間違えれば、深刻な状況に陥るかもしれません。それでは盗撮がバレた時は一体どんな処罰があるのでしょうか?

逮捕される?

オナクラ店であっても「盗撮は犯罪です!」ですので「迷惑防止条例違反,軽犯罪法違反」などで逮捕される可能性はあります。また動画をネットで流したりすることも同様に犯罪です。オナクラ店が被害届を出せば、容疑者になることもあり、店舗での盗撮行為で逮捕されるというケースもあります。しかし実際はオナクラ店で盗撮した場合は「警察に突き出される」ということよりも別の処罰を受けることが多いようです。

金銭の要求

「盗撮は罰金100万円!」などホームページや待合室などに張紙してある店舗が多いです!「でもこれってただの脅しだけで実際に要求なんてされないよね?」そんなことを考えているそこのあなた!盗撮がバレた時に最も多いのが、この金銭の要求です!「客に盗撮されて、知り合いやネットに動画が流出する」そんな不安があればオナクラ嬢も安心して働けませんよね?女の子を守るという強い姿勢を示したり、盗撮をしないように抑止するという意味で、店側も厳しい態度で、示談金を払わせて処罰してきます。悪質業者であれば、その支払いだけでは終わらずに、さらなる金銭の要求もあるかもしれません。

職場や自宅がバレる

盗撮が発覚した時にまず逃げられないように「免許証や社員証」など住所や勤め先がわかるものを取り上げられたり、コピーされるケースがあります。これは、前述の罰金などを払わずに逃げられることを抑止するためですが、連絡などを無視していると実際に「自宅や職場にオナクラ店の従業員が訪ねてきた」というゾッとするようなケースもあります。さらには「社会的にも制裁を加えたい」と思われて、自宅や職場に盗撮したことをバラされる!という事案も珍しくはありません。自宅や勤務先が明らかにされてしまうと、今まで気づいてきた信頼や社会的地位などが、全て壊れてしまいます。

まとめ

​つい軽い気持ちで盗撮してしまう…キッカケは些細なものですが、それに伴うリスクは計り知れません!それでも「自分だけはバレない」「どうしても記録したい」そんな気持ちからオナクラで盗撮を試みて、トラブルに巻き込まれる男性は後を絶ちません!では「どうしても動画を残したい…」そんな男性の願望をかなえることはできないのか…?そんなことはありません!!世の中には、そんな男性のために動画撮影オプションや撮影可のオナクラ店が存在するのです!お金だけでなく、社会的な地位や信頼を犠牲にするリスクを犯すよりも、オプションなどを利用して合法的に楽しんでみてはいかがでしょうか??なんの後ろめたい気持ちを持つことなく、願望を満たすことができます。