オナクラってチェンジできるの?チェンジのシステムについて解説

チェンジするってどういうこと?

「コンコンとノックの音が聞こえる…」オナクラ嬢が到着し、興奮は最高潮!ワクワクしながらドアを開けると「え?オナクラ嬢の保護者?嘘でしょ…これはキツい…絶対無理だ!」そんな経験談の様な(笑)絶望的なシチュエーションの時に便利なシステム!それが「チェンジ」です。派遣されてきた女の子が「気に入らない」「思ってたのと違う」そんな時にチェンジ!と告げることで、別の女の子に来てもらうことができます。「え?それって素晴らしいシステムなんじゃない?」と思うかもしれませんが、女の子に面と向かって「チェンジ」と言い放つのは「あなたはNO!」とオナクラ嬢を完全否定することと同じですから、なかなか勇気のいる行為ですし、チェンジしたからといって必ずしも良くなるとは限りませんがません。

チェンジするタイミングは?

「裸を見てから…」「オナニーを開始してから」というようにプレイの途中でのチェンジはできません!旅行でも食事でも「部屋に入室してから」「ご飯を食べてから」キャンセル!なんてできませんよね?対面した直後のチェンジしか認められません。まさにあなたの瞬時の判断力が試されます(笑)

チェンジの料金は?

チェンジ料金が無料の店舗や1,000円から2,000円程度必要な店舗もあります。オナクラ店では基本的に女の子のレベルが高いため「チェンジは一切できない」という店舗も多いです。関係者などの話では実際のところオナクラではチェンジはあまりないとのことでしたし、チェンジを一切できない!ということはそれだけ女の子の質に自信があるということを意味しているのかもしれません。

チェンジしたらどうなるの?

交代で新しい女の子が派遣されます!しかしチェンジは1回から2回が限度と設定されている店舗が多く、それ以上のチェンジはキャンセル扱いとなります。また新しく来た女の子があなたの好みのタイプであるとは限りませんし「前の女の子の方が良かったー!」と思っても「やっぱりさっきの女の子で!」なんてことはできません!何のプレイもせずにキャンセル料を払うこともあり、チェンジにはリスクが伴います。

チェンジされたオナクラ嬢の気持ちは?

「かなり傷つく」「泣いてしまった」というような意見が多く、やはりチェンジというシステムはオナクラ嬢にとっては悪魔のシステムです(笑)「人には好みがあるから」「仕事だから」と割り切っているオナクラ嬢もいますが「チェンジ」と言われることはやはり精神的にキツいみたいです。あまりにも頻繁にチェンジを繰り返すと、お店側から「出入り禁止」にされることあります。嫌がりながら、プレイされるぐらいなら、チェンジして欲しい!という心の強いオナクラ嬢も一部存在しますが、やはりオナクラ嬢にとってはかなり厳しいシステムと言えます。

まとめ


チェンジというシステムは「男性側に有利な」素晴らしいシステムのように見えるもしれませんが、女の子にもかなりのダメージを与えます。また、チェンジしたからと言って必ずしもいい結果になるとは限りません。「可愛くて、性格やサービスが良くて、スタイル抜群」そんな女の子に会える確率はほとんどありません。「これは無理だ」と思った場合は迷うことなくチェンジすればいいのですが、「高望み」「好奇心」「なんとなく」そんな理由で簡単にチェンジすると残念な結果になるかもしれませんので、よく考えてからチェンジするように心がけましょう!