写真指名、ネット指名、本指名はどう違う?メリットとデメリットは?

指名ってこんなに種類があるの?

オナクラ店で女の子を指名して遊んだ経験はあるけど、一口に指名と言っても「こんなに種類があるなんて知らなかった」「実は違いがよくわかっていなかった…」なんて男性も多いのではないでしょうか?「写真指名・ネット指名・本指名」知ってるようで実は知らない「3種類の指名」その違いや、メリットとデメリットについてわかりやすく説明していきたいと思います!

⒈写真指名について

実際にオナクラ店に行って店先のパネルや写真をみて女の子を指名することを「写真指名」と言います。お店の店先で写真を選ぶ際のドキドキ感もオナクラ遊びの醍醐味ですよね!

写真指名のメリット

まず指名料ですが、3種類の指名の中では最も安く設定されていることが多く、写真指名が無料の店舗もあります。また、ホームページなどでは写真掲載がNGであったり、モザイクがされている女の子がパネルにのみ顔出ししていることもあり、女の子の顔をより多く見て選ぶことができる点もメリットと言えるでしょう。

写真指名のデメリット

「写真では可愛かったのに実物はイマイチだな…」最近は写真などはパソコンやスマホで簡単に加工できるため、パネルと実物が異なることもしばしば(笑)男性なら誰もが経験したことのあるこのパネマジ(パネルマジック)に引っかかってしまう可能性があります。また、写真の見た目でしか女の子を選ぶことができないため「イメージと違うな?」なんてことも。パネルしか読み取れる情報がありませんので、性格のタイプやスタイルなど、得られる情報が圧倒的に少ないというデメリットがあります。

⒉ネット指名について

インターネットでお店のホームページから女の子を選んで指名する方法。パソコンやスマホで簡単に女の子をスイスイと検索することができます。

ネット指名のメリット

直接お店に行くことなく、いつでもどこでもお手軽に女の子を選ぶことができます。迷っていて店員から誘導されたり、後ろから別の客が来てプレッシャーを受けるということもありません。また、写メ日記などで普段の様子を調べたり口コミを別のサイトで調べたりと、オナクラ嬢に関する情報を収集しやすく、具体的なイメージを持つこともできます。さらに一つのオナクラ店にこだわることなく他の店舗の女の子も調べることができるため比較対象がかなり多くなると言えます。

ネット指名のデメリット

写真指名の時と同じようにやはりインターネットの写真にもパネマジの脅威があります「パネマジが心の底から憎い…(笑)」またネット検索が誰でも気軽にできるため、写真指名の時と違って同じ女の子を見て気に入った男性が他にもいるかもしれません。競合が多いこともデメリットと言えます。写真指名よりも1,000円程度高く設定されているオナクラ店もあり、指名料が割高になってしまいます。

⒊本指名について

「過去に一回以上遊んだオナクラ嬢を再度指名すること」写真指名やネット指名で1度遊んだ後に、改めて指名することで、わかりやすく言えば「リピーター」ということになります。

本指名のメリット

「失敗することはまずありません」この表現が正しいかわかりませんが、1度以上遊んだことがあるオナクラ嬢であるためルックスやサービスなどに安定感があります。本指名することで女の子からのサービスが良くなる!なんてこともあったり…本指名料が女の子の給料に上乗せされる店舗も多く、オナクラ嬢と仲良くなりたい男性には本指名は必須と言えます。

本指名のデメリット

やはり他の指名などに比べると料金が高くなることが大きなデメリットとなります。また固定の女の子としか遊ばなくなるという観点で考えると、新規の女の子と遊ぶ機会が減少するためデメリットになるのではないでしょうか?

まとめ

「指名料をケチって得をすることはない!」これは私の持論ですが、せっかくオナクラに遊びに行っても少しのお金をケチってガッカリするよりは、必要な経費として、キッチリと指名して、ガッツリと遊ぶ方があなたのためになると思います。女の子にとって本指名などの指名本数は人気バロメーターとなるため、本指名を守るためにオナクラ嬢は一生懸命あなたにサービスをしてくれることでしょう!指名制度を理解して思う存分利用することで、オナクラ遊びを思い切り楽しみましょう!