レンタルルーム使い方完全ガイド

レンタルルームの使い方がわからない!!

「派遣型のオナクラはやめとこう」自宅にオナクラ嬢を呼ぶのは絶対に嫌!レンタルルームを利用して派遣型のオナクラで遊べばいいのだけど「レンタルルームの使い方がわからない…」そんな理由で、ホームページで気になるお店を見つけても「派遣型か…じゃあ別の店にするか」と諦めていませんか。レンタルルームの使い方がわからなければ「勉強すればいいじゃないか!!」と言うことで、初心者必見のレンタルルームの使い方を解説していきたいと思います。これを読めば、レンタルルームなんて怖くない!!

レンタルルームって何?

まずはレンタルルームの基本的な知識から勉強していきましょう。レンタルルームとはベット付きで広さは2畳ぐらいの部屋です。室内にはシャワールームが設置されており、30分〇〇円と言った時間単位で借りることができます。オナクラで利用する場合は基本的には男性側がプレイ代金とは別に部屋の料金を支払う必要があります。風俗としての利用だけでなく、カップルや終電を逃したサラリーマンなど様々な用途で使用されています。ラブホテルと基本的には似ていますが、レンタルルームの方が短時間で安価に利用できるだけでなく、雑居ビルの一室にあることが多く、ラブホテルのような派手派手しい看板も少なく落ち着いた見た目であることから、人通りが多くても抵抗感なく入室できるなどの利点があります。

オナクラで利用する時の流れ

では実際にどのように使用していくのか?まずインターネット等でお目当ての派遣型オナクラを見つけたら、すぐに電話してみましょう。この電話で「女の子・コースや時間・オプション」を決めます。初心者であまりわからなければ、店員さんと相談しながら決めればOK!店員もプロなので親切に話を聞いてくれます。オプションについては女の子と実際に会ってから決めることも可能ですが、あらかじめ準備が必要なオプション(コスプレ、おしっこ系、道具系なと)については受付時しか申し込めないので「このオプションは絶対!」というものがある場合は忘れることないように伝えておきましょう。

レンタルルームへの行き方

大きく分けて2つあります。店舗によってはどちらの方法でもOK!というところもありますがこの2つの方法を説明していきます。

1.指定場所で待ち合わせ

・可愛い女の子が来て欲しい!
・あの子だったらいいなぁ?
なんて考えながら、電話でお店から指定された場所で女の子を待ちます!期待と不安が入り混じり、ドキドキが最高潮になる瞬間です。電話であらかじめ服装等を伝えるなど、待ち合わせはスムーズに行うことができます。女の子と合流後、一緒にレンタルルームに移動します。この時は女の子がレンタルルームまで案内してくれますので、女の子についていきましょう。レンタルルームの受付で料金を支払い部屋に入ればミッションコンプリートです。あとはプレイを楽しむだけです。

2.先にレンタルルームに入室

レンタルルームに自分ひとりで入室します。レンタルルームについては、オナクラの受付時に指定されたり、指定された数店舗の中から選択することができます。不安であれば「怒kのレンタルルームに行けばいいですか?」と店員に聞いてみましょう。レンタルルームに到着し、料金を支払えば、オナクラ店にもう一度電話連絡し、部屋番号を伝えます。しばらく待つと女の子がドアをノックし入室してきてくれます。。

まとめ

レンタルルームを使ったオナクラ遊びは驚くほど簡単なことを理解していただいたでしょうか。自分だけでレンタルルームに入室することが不安であれば、待ち合わせ型の遊び方を選択すれば、女の子が自動的にレンタルルームに連れて行ってくれます。また、女の子外で待ち合わせする方が不安だ!一緒に歩いているところを見られたくない!と言う男性は先にレンタルルームに入室する方をオススメします。レンタルルームの魅力は値段が安価であり、人目を気にすることなく入室できるという点です。ここまで読んでくれたあなたは!いますぐ派遣型オナクラ店に電話して、レンタルルームでのオナクラ遊びを実践してみましょう!