オナクラとAV議論

巷に溢れる風俗に俺はめちゃくちゃ興味がある。その中でもかわいい女の子が多いオナクラを注目している。そうこう考えると出ちゃった。これまで風俗には行ったことがない。朝目が覚めて学校に行って、帰ってオナニーするだけのめちゃくちゃ普通の大学生が俺だ。部屋には大量のDVDが散乱してある。断じてアダルトビデオな奴じゃない。映画のDVDだ。そりゃ探せばロマンポルノはある。石井隆の赤いシリーズは結構揃ってたりする。神代辰巳のDVDもあるし。でもそれをオナニー目的には観ない。単純に映画が好きだ。トビーフーパーの悪魔のいけにえやウェスクレイブンのエルム街の悪夢やサムライミの死霊のはらわたみたいなスプラッター映画にも目がない。いや、死霊のはらわたはスラップスティックコメディホラーだった。とにかく色んなものがある。ジャンルもめちゃくちゃあるし、なんといってもどの作品を手にとってもそこに個性がある。レザーフェイスはトビーフーパーならではの個性があるし、ウェスクレイブンは悪趣味がひどい。サムライミなんてのはもう本当にアホみたいな映画ばっか撮ってるけど、面白い。キャプテンスーパーマーケットなんてホント感動的だ。映画は、ロマンス、ラブコメ、コメディ、ホラー、Jホラー、アクション、ヴァンダミングアクション、ミュージカル、ロードムービー、もホント色々あってわけわからんなあと手を焼いている。俺のDVD置き場は積み上がった未完成の塔みたいになっていて、まだまだその高さを更新する予定だ。しかし、それよりも厄介なものがあった。それはAVだ。パソコンに保存されているAVの数は留まることを知らない。HDDも何台使っているのか判らないほど大量のAVが入っているのだ。無論見返すことなど殆どない。ただ、俺の中に無数のAV女優が眠っているのだと思うことで安心を手に入れているのかもしれない。しかし、そんなのはまやかしだった。喧々諤々の議論を頭の中で開始する。
「あれだよな、AV見ても女の経験が増えてゆくわけじゃないだろ!!」
「そんなことはない。見ているやつの方が見ないやつよりも本番で落ち着いているだろ」
「そんなのどうやって確かめたんだよ?」
「嘘だけど! 確かめたってのは嘘だけど!! でも絶対そうじゃない?」
「うわーそりゃだめだよ。もっとプライド持とうよ」
「ごめん。でもそんなこと言ってもAV見るしかないじゃないか!」
「うわーそこ言っちゃダメでしょ!! ぶちのめすぞ!」
「ひえー。AV依存はお互い様じゃないか」
不毛だった。ずっとこんな議論を続けなくちゃならないのかと思うと気が滅入ってしまって負の感情がドッと沸き出る。そんな時にひらめき担当の俺がひらめく。
「なあ、風俗行けばいいんじゃないか?」
全員が驚いた。といっても1人なんだけど。凄い画期的なアイデアじゃないか。
そしてここにいる全員でオナクラに行くことになったのだ。

関連記事

渋谷オナクラと美女が集まる理由

渋谷オナクラと下着のぬくもり

オナクラを利用する変わった性癖の男

錦糸町オナクラの魅力を考察

新宿オナクラ幻想小話

五反田オナクラに執着する男